修士論文・卒業研究のページ


  このページでは水上研究室における修士論文,卒業研究について,過去および現在進行中の研究テーマを掲載しています。水上研究室では,脊髄損傷者の動作学,能力評価の手法,姿勢とパフォーマンスや,車椅子・歩行補助具などに興味のある方を歓迎します。また,脊髄損傷関連では動作学に限らず全般について研究指導いたします。また脊髄損傷者に対するリハビリテーション・理学療法についての臨床上の質問などもメールいただければできる限りお答えいたします。上記の内容に関心のある方,大学院で一緒に研究して見ませんか。問合わせはメールにて随時どうぞ。




修士論文テーマ

現在進行中(M2)

  骨格筋のStiffnessに対する介入方法に関する研究



過去の卒業研究のテーマ


現在進行中(4年次)

  肩甲骨外転力の定量的評価法に関する研究

  立位姿勢における脊柱の形態評価の試み

  仙腸関節に対するAKAは体幹屈曲可動域の改善に有効か?


2002年度

  身体障害者用自動車運転補助装置に関する調査研究

  頸髄損傷者における寝返り動作の三次元解析


2001年度

  介護老人保健施設における理学療法士の役割

  Walkaboutを用いた対麻痺歩行の力学的特性 −クラッチ支持のモーメント−

  車椅子の座位快適性の評価に関する研究 −脊髄損傷者について−


2000年度

  車椅子使用者に対する自動車教習所のバリアフリーに関する研究

  臥位におけるPositioningと体圧分布の関係

  座位VDT作業姿勢が頸肩部筋活動に及ぼす影響に関する研究

  男性脊髄損傷者の性機能障害とQOLに関する研究


1999年度

  脊髄損傷者の移乗動作に関する研究

  装具を用いた対麻痺者の歩行に関する研究



M.Mizukamiのページに戻る