理学療法は、体に障害のある人や、そのおそれのある人に対して、治療体操などの運動療法、日常生活の基本となる動作練習や、温熱・電気・水・光線を用いた物理療法を行い、機能や能力障害の回復・維持・予防を図ります。

 医療の場はもとより、在宅などの地域で生活する障害者(児)の自立を援助して社会参加を促進するために、理学療法士の果たす役割は社会的にも大きな期待がかけられています。さらに理学療法士は、これまであまり対象ではなかった心臓・呼吸器・代謝疾患による障害をはじめ、スポーツ外傷や健康維持を含めた障害者のスポーツ参加などの広い分野にも関わるようになってきています。


理学療法学科 教育スタッフ